Life

入籍前後やることリスト【失業手当受給中の方向け】

 

入籍前後にやることが多いのはわかっている。何か一覧でほしいな。失業手当受給中なんだけど、どうすればいいのだろう?マイナンバーも現住所で申請中なんだよな…。

こんな疑問にお答えします。

 

私は以下の状況でした。

・失業手当受給中

・これから引越し

・本籍が引越し先ではない

・夫の苗字に変更

・マイナンバーカード現住所で申請中

 

いろいろ調べるのは大変だと思うので(中々情報が載っていない、最新情報ではないことが多かった)まとめました。

 

・入籍前に新姓の印鑑を作る

・入籍前に役所へマイナンバーカードの確認

・入籍前に役所で『転出届』提出

・入籍前に戸籍謄本入手

・入籍前に失業保険認定日を再度確認

・入籍後に役所で『転入届』提出

・続いて国民健康保険の手続き、マイナンバーカード申請申込

・続いて住民票の発行、(印鑑登録する方は一緒に)

・各銀行へ氏名・住所変更

・新住所管轄のハローワークへ氏名・住所・銀行名義変更

・新住所管轄の警察へ運転免許の氏名・住所変更

・パスポートの書き換え・再発行

・その他各種手続き(証券、クレジットカード、保険など)

 

それではいってみましょう!

入籍前やること5つ

私の場合ですが、同じ状況の方もいるとおもうので記事に書き留めておきます。

終わった後に思ったことですが、意外と無駄なく動けたのではないかと思っています。

 

 

入籍前に新姓の印鑑を作る

入籍後すぐ使いたいので早めに作ります。

私は銀行印と認印2つ作りました。(実印はまだ使う予定が見えなかったので作りませんでした。)

 

どこで作っても良いと思いますが、私は【はんこプレミアム】さんで頼みました。
4,000円ちょっとで3日以内に届きましたよ。目印付きを選びました。

銀行印・認印作成は【はんこプレミアム】10年保証・即日出荷

 

 

入籍前に役所へマイナンバーカードの確認

申請中でまだ交付書がきていない方は現住所の役所へ問合せしましょう。

カードの発行は終わっていて、交付書をこれから送る場合もあります。(私がそうでした)

 

私はメール(役所へ)で問合せしたところ、翌日役所から電話で連絡ありました。

 

役所の方
「カードは発行されており、交付書をこれから送る予定でした。お急ぎだと思うので待つの覚悟で役所へいらしてください。○番で受付してお待ちください。」


「明日の朝一番で伺います。」

 

予約者が優先されるのでかなり待ちました。(2時間以上!!)とはいえ、マイナンバーカードが手に入ればできることが増えるので待ちました。

詳しくは》マイナンバーカードとは?

 

注意!転出届を出す前にマイナンバーカードを受け取りましょう。

出してからだと転出届を取り消さなければならないので面倒です。(役所が混んでいると時間かかるんです。)

 

私はマイナンバーカードのICチップが不良で、待ったのに受け取れませんでした。(職員の申し訳なさそうな顔が今でも忘れられない…。2時間以上待ったのでキレてもいいレベルですwとはいえ、職員が悪いわけではないです。私のくじ運が良かっただけ!泣)

そう、引越し先で再度申請しなければなりませんでした。

 

 

 

入籍前に役所で『転出届』提出(引越し日14日前から提出可能)

現住所を管轄する役所(市役所・区役所かはお住まいの場所によって違います。)へ提出します。

ニャンコ
転出届を書く紙は役所に置いてあるよ

引越し日の14日前から提出可能です。
提出後、転出証明書を発行してもらえます。(転入する時に必要書類)

尚、マイナンバーカードを持っている方は転出証明書は発行されません。

 

持ち物

・印鑑

・本人確認書類(私は運転免許証)

・国民健康保険被保険者証


手続きが終わったら、役所の方に国民健康保険の手続きも一緒にしてくださいと促されます。一緒に手続きをします。

 

持ち物は変わりません

いつまで使えるか、払い過ぎた方は返金される、保険証を返送する(破棄でもOK)など説明を受けます。役所でもらった書類を書いて、印鑑押して、終了です。

 

 

入籍前に戸籍謄本入手

本籍の役所で『戸籍謄本』(450円)を入手します。これは婚姻届を提出するのに必要でした。

(婚姻届の提出先が、本籍のある市区町村と同じであれば不要です。)

 

持ち物

・印鑑(認印でOK)

・本人確認書類(私は運転免許証)

余談ですが、郵送でも取り寄せることが可能です。本籍とは別の場所に住んでいる場合は、郵送の方が楽かもしれませんね。詳しくは本籍の役所へ問い合わせください。

 

 

 

入籍前に失業保険認定日を再度確認

認定日が入籍&引越し後と近い場合は注意が必要です。

日にちを確認しておきましょう。

 

手続きは名前&住所&銀行口座の変更をします。新住所の管轄のハローワークで手続きします。(=今は特にすることなし)

 

 

入籍後にやること8つ

ここからは入籍後にやることです。
戸籍謄本が必要ではないことは1日でできます。効率よく動きましょう。

役所は混んでいるので朝一に行くのがおすすめです。9時過ぎると混んでくる…

 

国民年金の手続きは無しでした。役所に行って確認しましたが、年金は婚姻届を提出すると自動で対応してくれるようです。
年金番号で管理していると役所で確認しました。(日本年金機構のHPにも同様に記載あります。)

 

警察署が遠ければ、最後に回しても問題ありませんでした。
銀行よりも受付時間が長いのでね。

それではいってみましょう。

 

 

入籍に役所で『転入届』提出

婚姻届を提出したらやることの第一歩です。

まずは新住所管轄の役所へ行って『転入届』を提出します。

 

役所の受付の方へ「入籍して引っ越してきました、転入届と住民票、国民保険など手続きしたいです」といえば案内してくれます。

印鑑登録、マイナンバー申請用紙などもこの時伝えれば案内してくれます

 

持ち物

・転出証明書(マイナンバーカードで手続きした方は不要)

・印鑑(認印)

・本人確認書類(私は運転免許証)


 

 

続いて国民健康保険の手続き、マイナンバーカード申請書

失業手当受給中のことを伝え、雇用保険受給資格者証を持って行きましょう。保険料減額の手続きは、新しい住所管轄のハローワークへ行って雇用保険受給資格者証が最新の状態になってから申請できます。

 

私の場合、ハローワークへいくのはこの後だったのでとりあえず言われるがまま国民健康保険の手続きをしました。

3日以内に世帯主宛に健康保険証を送りますと言われ終わりです。
実際に3日後に世帯主宛に届きました。

 

マイナンバー申請書も言えばもらえます。役所に行って郵送か、ネットか、(特設会場で申請か)を選ぶことができるので確認しましょう。

 

 

続いて住民票の発行、(印鑑登録する方は一緒に)

続いて『住民票』の発行(1部300円)を申請します。

必要部数を確認して発行しましょう。

私は2部にしました。

 

運転免許の書き換えで1部

他の申請で使い回す用1部

 

原本が必要でも返却してくれることが多いので、確認しましょう。

クレジットカードの名義変更の場合は原本または、コピーなら他書類が必要など条件があったります。

 

各銀行へ氏名・住所・届印の変更

失業保険受給に使っている銀行を先に変更しました。(銀行窓口が15時までが多いので)

 

持ち物

・キャッシュカード

・通帳

・印鑑(新・旧)

・住民票(新しいもの)返却されます


 

15分くらいで終わりました。(空いていたので)

キャッシュカードは新しいものが1週間程度で届くと言われます。

 

ちなみに運転免許証を先に変更しに行き、住民票の代わりに本人確認書類として使うこともできます。私は銀行の方が窓口が閉まるのが早かったので先に行きました。(これは場所と時間によってスケジュールが変わってくることなのでご自身で判断しましょう)

 

 

新住所管轄のハローワークへ氏名・住所・銀行名義変更

「失業保険受給中で入籍し、引っ越してきました」と受付へ伝えましょう。

名前・住所変更・銀行名義変更手続きをします。

 

持ち物

・雇用保険受給資格者証

・失業認定申告書(念のため)

・住民票(新しいの)返却されます

・通帳(新しい名前が入ったもの)


この地域で求人用の登録をするので少し時間がかかります。

この日は人が少なかったので30分くらいで終わりました。

 

※役所が近ければ、終わったらすぐに国民保険の受付で減額手続きをしましょう。空いてれば5分で終わります。書き換えられた『雇用保険受給資格者証』を見せて終わりです。当日ではなくても忘れないうちに早めに申請しましょう。

 

 

新住所管轄の警察へ運転免許の氏名・住所変更

新住所管轄の警察へ行きます。免許センターなどでもOKですが、遠いなら近いところを選びましょう。

 

持ち物

・運転免許証

・住民票(提出)

 

書類を書いて10分くらいで終了です。

運転免許証の裏面に名前、住所など変更事項が記載されます

今後、身分証として使えるので引越し、入籍後は初日にやるといいかも。

とはいえ、銀行よりも営業時間が長いので私は銀行の後にいきました。

 

 

パスポートの書き換え・再発行

パスポートの『切替申請』または『記載事項変更申請』を行います。

どちらも『戸籍謄本(戸籍抄本)』が必要です。

入籍後、戸籍ができるまで時間がかかります。戸籍謄本(戸籍抄本)の発行は大体1週間〜2週間かかる言われています。確認するには本籍の役所へ確認いれるのが確実です。

 

持ち物

・一般旅券発給申請書(パスポートセンターまたはWeb)

・有効中のパスポート

・パスポート用写真(申請の6ヶ月以内の撮影)

・戸籍謄本(戸籍抄本)


 

渡航日に間に合わないのであれば、戸籍謄本(戸籍抄本)の代わりに『婚姻届受理証明書』(有料)で申請することも可能です。

パスポート変更(1週間くらい)後、受け取りの時に必ず戸籍謄本(戸籍抄本)が必要になります。

準備して受け取りましょう。

 

 

その他各種手続き(証券、クレジットカード、保険など)

証券口座、クレジットカード、保険などはHPから変更手続きをしましょう。

身分証(運転免許証、住民票の写し)が必要なことが多いです。

自分が持っているものを一覧にリストにしてチェックしていきましょう。

ニャンコ
申請したっけ?と忘れるのでチェックしていくことがお勧め

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やることが多いですが、予めまとめておけばパスポート申請以外1日でできてしまいます。

待ち時間が多いので、私は待っている間にクレジットカードや証券口座などの名義変更手続きをしていました。(集中できないかもしれないので、家でやっても良いと思います。)

あと、本を読むのもおすすめです。
無料で30日間本が読める【amazon unlimited】がおすすめです。携帯で読めるので便利。

 

映画を見てしまうと見入ってしまう(呼ばれているのに気づかない)のでお勧めはしませんが、
短いものならアリかもしれませんね。こちらも無料で体験できるのでよかったらどうぞ。

-Life

© 2021 気ままにブログ Powered by AFFINGER5