Book-Movie-Item Wine

大型ワインセラーのおすすめ〜あなたは価格重視派?それともメーカーで選ぶ?

2020年7月1日

・ワインが常にが30本以上あるんだけど、安くてオススメのセラー教えて欲しい。
・高価なワインも何本か買ったんだけど、安全に家で保管したい。

こんなお悩みを解決します。

ここに注意

ワインセラーには故障のリスクがあります。それを承知で購入を検討ください。
故障の心配をしたくない、安心して自宅で保管したいのであれば地下室をつくり、温度・湿度調整できる環境をつくる必要があります。

今回はお悩みを解決するために筆者ニャンコがおすすめする、大型ワインセラーのご紹介します。ニャンコは8年前に大型ワインセラーを2台購入し、今現在も稼働中です。(関東在中です。)
小型ワインセラーをお探しの方は「ワインセラーの選び方【短期間用】」の記事をご覧下さい。

 

ココがポイント

価格を優先するか、安心のメーカーで選ぶかによって違います。

デイリーワインを30本以上常に置いておきたいという目的であれば比較的安価なワインセラーで十分です。
安価でそれなりに信頼できるメーカーは「ルフィエール」と「さくら製作所」のワインセラーがおすすめです。理由は安価でありながら国内メーカーというのがポイントです。

高価なワインも含まれているからプロが使っている安心できるワインセラーを探しているのであれば、「フォルスター」、「ユーロカーブ」 、「シャンブレア」のメーカーがおすすめです。理由はソムリエのいるレストランや酒屋さんでも使われており、プロが信頼しているメーカーだからです。

 

安くておすすめ大型ワインセラー【3選】

以下のおすすめはAmazonランキングや各ワインセラーメーカーのHPを見て筆者のニャンコがこれ買い!と思うおすすめのワインセラーです。

価格を重視していますが、それなりに信頼できるメーカーを選んでいます。(それでも価格重視なので、何年も長期保管する目的では有りません)

 

メリット

薄型設計(外形寸法480mm×470mm×1300mm)、約11万円と安価、1年保証、鍵有り

気になる点

一部の人は音が気になる

デザインがシンプルで安心価格、Amazonレビューも358件有り(2020.7.1現在)全体的に悪くないです。

 

 

メリット

電気代が安い(年間約5,000円)、2温度式、保証期間(冷媒回路3年 本体1年 ガラス6カ月)、高級感のあるデザイン

気になる点

38本で10万円と収納本数の割に高い

0℃にもなるからビールを入れることもできる優れもの。

 

メリット

保温・保湿ユニット搭載、約11万と安価、1年保証、木製の棚を使用しており高級感あるデザイン

気になる点

結露した水滴が床に垂れる時があるらしい(口コミでコメントありましたが一人だけです)

見た目が高級感あり、機能性も十分!有名メーカーではないが、安く、レビューにもマイナスコメントがほぼ見当たらない!これはすごい…。

 

プロも使っている安心メーカー大型ワインセラー【3選】

引用元:フォルスター公式HP

プロも選んでいるメーカーから選びました!ニャンコも使用しています。
8年くらい使っていますが、一度も壊れてません。(フォルスターのロングフレッシュシリーズ使ってます)

ニャンコ
信頼できるメーカーアイテムは価格は高い…覚悟するのだニャ〜!

 

 

メリット

滅多にない日本製、警報システム、湿度・温度調整機能、鍵付き、電気代安い(年間約6,600円)、スタイリッシュなデザイン

気になる点

高い(安いところで30万円後半)

筆者が愛用しているセラーの一つ。36本入りも持っているが両方ともデザインに重厚感がありながらもスタイリッシュ。一度も壊れたことない。自信持ってお勧めできるセラー。

 

メリット

庫内の暖色LEDライトの配置、温湿度センサー、安心の保証(本体1年、冷却循環回路部分3年)、コンパクトなのに大容量、珍しい木目調デザイン、鍵有り

気になる点

扉の天面に配置した操作パネルは身長の低い方には不便

デザインは好み分かれるが、和洋部屋に対応できるデザイン。こちらは中国産。国産がいいならロングフレッシュを勧めます。

 

メリット

ブルゴーニュ型のボトルでも出し入れしやすい、木製部分はブナ材で高級感がある、ボトルの受け皿はシリコンゴムが使われワインを振動から守る、警告機能付き、保証は冷媒関係3年、その他電子機器1年

気になる点

収納本数により床が重みに耐えられるか事前に調べること

ユーロカーブのデザインは本当に高級感がある。ワインセラーの会社として歴史も古く、ニャンコもお金の余裕があったら購入したい憧れワインセラー。

 

失敗したくない方へ、セラー選びの考え方

高価で大きい買い物です。失敗したくないですよね?
それなら一度、各メーカーのショールームへ足を運ぶべきです。
自分で見て、聞いて納得したものをネットで買うのが安く買えるコツです。

ちなみにニャンコは1回目はショールームへ、2回目は1度見ていたので即ネットでポチりました。
夏前にどうしても必要だったのです…
それでも後悔はしていません。毎日うっとりしながら家で過ごしていますよ。
ワインセラーがあり、そこに好きなワインたちがあり、毎日どのワインにしようかなと迷う時が幸せなんです。

ここまできたら、場所と懐が許す限り大きいワインセラーを選ぶか、二台持ちを勧めます。
絶対にスペースが足りなくなってくるからです。
二台持ちのメリットはデイリー用のワインセラーと熟成用(ちょっと高めのワイン)で分けて保管できること、
故障のリスクを分散できること
ですね。
自分が納得したものが見つかることを祈っています。

 

メーカー別特徴【おまけ】

ワインセラーメーカー別特徴をまとめてみました。リンクも貼っています。よかったら参考にどうぞ。

ルフィエール(国内メーカー)

「コンパクトなフォルムで初めてでも気軽に使えるワインセラー」公式HPより抜粋

比較的リーズナブル。ペルチェライン・スリムライン・プロラインと3種類ある。
鍵付きは一部あり、プロラインのみヒーター機能付き、湿度管理機能もプロラインのみ。
公式サイトで「ペルチェラインとスリムラインは短期保存用としてお楽しみください」と記載あります。
保証期間は1年。

 

さくら製作所(国内メーカー)

「私たちのワインセラーは日本の住宅事情に合わせたものです。」公式HPより抜粋

全機種にヒーター機能付き、全6シリーズあり、好みの機能、本数、大きさで決める。
鍵付きは一部あり、全機種長期保存可能。
保証期間はシリーズと部品によりけり6ヶ月〜5年。

 

デバイスタイル(国内メーカー)

「そんなインテリアにも合うスタイリッシュなデザインのワインセラーで、いつものワインが特別に。」公式HPより抜粋

4本〜171本収納と幅広い収納本数のセラー。
ヒーター機能、加湿機能一部のアイテムのみ。鍵付きも一部のアイテムのみ。
保証期間は1年。

 

フォルスタージャパン(国内メーカー)

「美味しいワインのための穏やかな寝室」公式HPより抜粋。

国内でトップシェアを誇るメーカーです。(筆者のrhもこちらのLongFreshを2台購入しました。)一部国内製造です。
全6シリーズあり、18〜120本と好みの機能、本数、大きさで決める。
一部鍵付き。保証期間は1年。

 

アルテビノ(フランスメーカー)

フランスの老舗ワインメーカー。フランスの専門職人が丁寧に作り上げている。

収納力が抜群で最大280本。省エネ冷却機構で消費電力を軽減している。
大容量ながら冷蔵庫らしくない家具調のデザイン。
ヒーター機能は全機種搭載。湿度調整も全機種。鍵も全機種ついている。

 

シャンブレア(ドイツメーカー)

創業者は元ベテランの家電エンジニア。ドイツらしい精密で堅牢な造りを誇る。

収納は60本、160本とあり、60本用は唯一重ね置きができるセラーメーカー。
電気代が圧倒的に安い。(月約300円)温度、湿度管理、鍵も全て搭載。
規定に従い保証は5年。

 

ユーロカーヴ(フランスメーカー)

1976年温度管理機能のついたワインセラーを販売。以降、ワイン愛好家からソムリエやワインのプロたちに信頼を得ているメーカー。

全5シリーズあり、38本〜213本収納と幅広い収納本数のワインセラー。
ドアタイプも3種類(標準・ガラス・断熱性)ある。好みの棚も見つけられる。(4種類有り)温度、湿度管理、鍵も全て搭載。
保証期間はシリーズと部品によりけり1〜5年。

 

以上お勧め国内メーカー、海外メーカーのご紹介でした。

海外メーカーは収納本数が多いので、完全にお店やワインコレクター向けです。お値段もそれなりにするのでわたしは国内メーカーのものをお勧めします。

 

-Book-Movie-Item, Wine

© 2021 気ままにブログ Powered by AFFINGER5