Wine

赤ワイン品種【カベルネ・ソーヴィニヨン】特徴と生産地域

2020年10月6日

黒スグリ

カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴が知りたい。

 

こんな疑問にお答えします。

 

こんにちは、ニャンコです。
ワインの輸入会社に勤め、ワインエキスパート、ワインの国際資格であるWSET Level2、3を取得した私がご紹介します。

 

この記事を読むと、カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴、主な生産地を知ることができます。

 

それではいってみましょう。

 

知名度の高い品種【カベルネ・ソーヴィニヨン】とは

カベルネ・ソーヴィニヨンは果皮の厚い黒ブドウ品種です。そのため、色素と風味、タンニンが豊富なのが特徴的です。

成熟が遅く、冷涼な気候の一部では天候次第で完熟するのが難しいということもあり、渋みの強いタンニン、草の風味をもつワインになります。

 

あなたがワイン初心者だとしたら、このブドウ品種から造られたワインは飲んでおくべきです。ソムリエ試験にも何回も出題されているブドウ品種でもあります。赤ワインを知リたいのであれば飲むべき品種です。

 

ニャンコ
濃い色のワインといったら『カベルネ・ソーヴィニヨン』と言われるくらい有名な品種。ブドウは小粒で可愛らしいんだよ!

 

 

カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴

カベルネ・ソーヴィニヨンは温暖から高温の地域で造られます。

 

<気候によるワインの風味>

温暖な地域:ブルーベリー、黒スグリ、ブラックチェリー、葉、ミント

高温な地域:黒スグリ、ブラックチェリー、ブラックベリー、ミント、ハーブ

凝縮した果実味、高いレベルの酸味とタンニンを持つため、長期熟成に適している品種でです。特に風味が強く、タンニンが多いことから新しいオーク(新樽)を使って熟成させることができます。

 

<木樽によるの風味>

トースト、ヴァニラ、コーヒー、杉、ココナッツ

<熟成による風味>

タバコ、杉、土、草木

ニャンコ
熟成すると堅いタンニンが和らぎ、香りに深みが増す…。一度でも綺麗に熟成したボルドーを飲むと、心地よい味わいに惚れてしまう…だから『女性的』と表現されることが多いんだよ。

 

カベルネ・ソーヴィニヨンの生産地のご紹介

フランス

シャトー・マルゴー

ボルドー地方は伝統的な生産地です。温暖で、長く温かい秋はカベルネ・ソーヴィニヨンにとって理想的な場所です。特にメドック、オー・メドック、ポイヤック、マルゴー、グラーヴ、ペサック・レオニャンは上質なワインの生産地として覚えておくべきです。

また、単一品種ではなくブレンドされるのが一般的です。骨格はカベルネ・ソーヴィニヨン、ボディーはメルローというように、品種の個性をうまく組み合わせ、バランスの良いワインを造っています。

ニャンコ
ボルドーワインは飲み頃が難しい…というのが素直な感想。一度最高な時に飲んだワインをまた飲みたいと思い、近い年の同じワインを開けたことがあるけどピークを過ぎていたということがあったんだ。でも一度あのフィネスを感じたら、何度も挑戦してしまうのがボルドーの魅力。例えまた同じ年の同じワインを飲んだとしても、もう二度と同じ感動は味わえない。ワインは生きているというのが実感するよ。

 

オーストラリア

幅広く栽培されています。中でもクーナワラのカベルネ・ソーヴィニヨンは、独特のカシス、ユーカリのメントールの風味を持つ凝縮されたワインが生産されています。マーガレット・リヴァーでは単一品種のワインと、メルローとブレンドされるワインがあります。

 

ニュージーランド

北島にあるホークス・ベイで上質なカベルネ・ソーヴィニヨンが造られています。基本はメルローとブレンドされます。

 

アメリカ合衆国

ナパ・ヴァレーのブドウ畑

カリフォルニア州で広く栽培されています。特にナパ・ヴァレー、ラザフォード、オークヴィルは上質なカベルネ・ソーヴィニヨンが造られています。柔らかく熟したタンニンを持ち、色も濃く、ブラックチェリーや木樽の風味がします。ラザフォードで造られるワインは環境によって気温が一番高くなり、力強く骨格のあるワインが産出されています。

ソノマ郡では、アレキサンダー・ヴァレーが柔らかな感触をもつカベルネ・ソーヴィニヨンの産地として名高いです。

ワシントン州コロンビア・ヴァレーでは、上品で熟成させる価値のあるカベルネ・ソーヴィニヨンが造られています。

カリフォルニアもワシントン、どちらの州もボルドーと同様ブレンドされることがあります

 

チリ

マイポ地域ラペル地域にあるコルチャグア、カチャポアルで上質なカベルネ・ソーヴィニヨンが造られています。単一品種で造られる場合と、ブレンドされる場合があります。ブラックチェリー、ブラックベリーの風味、強い草木の香り(ピーマンのような)が特徴的です。

 

アルゼンチン

単一品種とマルベック(黒ブドウ品種)とブレンドされることがあります。メンドーサ地方は標高が高く、気候が穏やかな場所に畑があり、カベルネ・ソーヴィニヨンもここで造られます。

 

南アフリカ

広く栽培されています。単一品種とブレンドされることがあります。トップクラスはステレンボッシュで造られ、ブレンドされることが多いです。オーストラリア、カリフォルニアに比べて果実の凝縮度が少なく、より多くのハーブの風味を持っています。タンニンと酸味が強く、ボルドーのスタイルに近いのが特徴です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?コンビニやスーパーでも必ずと言っていいほど見かけるカベルネ・ソーヴィニヨン!

私は赤ワインが好きになりたての頃、チリのカベルネ・ソーヴィニヨンはハズレがないと思っていつも買っていました。高品質でお手頃価格なので、安月給の私にはありがたいワインでした。

ようやくボルドーワインを買って飲んだ頃、いつものチリカベより美味しく感じない…とがっかりしたこともあります。その後、最高の出会いとも言えるボルドーワインに出会い、恋に落ちた気持ちになったこともありました。

思い出が多いブドウ品種の一つです。

 

-Wine

© 2021 気ままにブログ Powered by AFFINGER5