Wine

白ワイン品種【シュナン・ブラン】特徴と生産地域

シュナン・ブランの特徴が知りたい。

 

こんな疑問にお答えします。

 

こんにちは、ニャンコです。
ワインの輸入会社に勤め、ワインエキスパート、ワインの国際資格であるWSET Level2、3を取得した私がご紹介します。

 

この記事を読むと、シュナン・ブランの特徴、主な生産地を知ることができます。

 

それではいってみましょう。

 

カメレオンな品種【シュナン・ブラン】とは

シュナン・ブランは多種多様に造られる白ブドウ品種です。カリンのような種のある果実の香りが特徴的です。

 

また、シュナン・ブランは酸味が高く、不均一に生育していく(一房であっても一粒ごとに完熟度が異なる)という特徴をもっています。

 

ニャンコ
収穫後の選果が大変…成熟していない粒が入ってしまうと、ワインは青臭さが出てしまうから、選果をしっかりしないと上質なワインは造れないんだ。

 

シュナン・ブランの特徴

シュナン・ブランは冷涼から高温の地域で造られます。

 

<気候によるワインの風味>

冷涼な地域:レモン、カリン、リンゴ、スモーキー

温暖な地域:カリン、リンゴ、カモミール、パイナップル

高温な地域:カリン、リンゴ、モモ、パイナップル

シュナン・ブランは辛口から甘口、非発泡性、発泡性のワインと『多様なスタイル』で造ることができます。地域や生産者によって醸造方法が違い、木樽を使う場合やステンレスタンクのみの場合など違いがあります。

また、シュナン・ブランは何年間もの熟成に耐えられます

 

<甘口のワインの風味>

アプリコット、シトラスピール

<熟成による風味>

蜂蜜、トースト、干し草

 

ニャンコ
シュナン・ブランも大好きな品種の一つ。フレッシュな状態も美味しく、少し熟成してきたくらいに開けるのも良い!いつ飲んでも美味しいから、失敗した記憶がないんだよね。早く開けすぎて酸が高すぎる…閉じた印象…というのはあるけれど、時間を置くと開いてくる…

 

 

シュナン・ブランの生産地のご紹介

南アフリカの畑

 

フランス

ロワール地方のトゥーレーヌとアンジュー・ソミュールの二つの地域で最高品質のシュナン・ブランが造られています。中でも冷涼な気候のヴーヴレでは非発泡性、発泡性、辛口から極甘口まで様々なスタイルのワインが造られています。この地域では木樽を使う生産者は少ない傾向があります。ワインは花のような風味を持つことが多いのが特徴です。

 

そこから西方のソミュールとアンジューも似たような気候です。ソミュールは発泡性のワイン、アンジューは辛口のワインの知名度が高いです。アンジューでは木樽を使う生産者もいます。

 

さらに西方にあるサヴニエールとコトー・デュ・レイヨンはトゥーレーヌよりも温暖で乾燥した地域です。サヴニエールはシュナン・ブランを遅摘みすることができ、フルボディで複雑な辛口ワインが造られます。そして最良のワインは長期熟成も可能です。コトー・デュ・レイヨンはこの地域で最も有名な甘口ワイン(貴腐ワイン)を造ることで有名です。

 

ニャンコ
貴腐ワインっていうとソーテルヌっていう人が多いと思うんだけど、ロワールも素晴らしい貴腐ワインを造っているんだよ。

 

 

・南アフリカ

シュナン・ブランは最も広く栽培されているブドウ品種です。南アフリカでは『スティーン』と呼ばれています。フランスは単一品種でワインを造っていますが、南アフリカではブレンドして造られることもあります。

古木から造る生産者が増えていて、こうしたワインはより凝縮された複雑な風味と豊かな味わいを持つものが多いです。

 

ニャンコ
フランスに比べフレッシュなうちに飲むのが良いよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?シュナン・ブランは変幻自在なワインですね。

シュナン・ブランを使ったクレマン・ド・ロワールは手ごろな価格で美味しいのでおすすめです。個人的にはフランスのロワールで造られるシュナン・ブランは素晴らしく、感動させられることが多いです。少し熟成してくるとジンジャーや白胡椒など風味が出てくるワインもあるんですよ。(果実味が落ち着いてきて、隠れてきた風味が出てくるようなイメージです)

熟成させずに早く飲むのであれば南アフリカのシュナン・ブランもおすすめです。

-Wine

© 2021 気ままにブログ Powered by AFFINGER5