Wine

赤ワイン品種【ピノ・ノワール】特徴と生産地域

スミレ

ピノ・ノワールの特徴が知りたい。

 

こんな疑問にお答えします。

 

こんにちは、ニャンコです。
ワインの輸入会社に勤め、ワインエキスパート、ワインの国際資格であるWSET Level2、3を取得した私がご紹介します。

 

この記事を読むと、ピノ・ノワールの特徴、主な生産地を知ることができます。

 

それではいってみましょう。

 

繊細で妖艶さに魅了される品種【ピノ・ノワール】とは

ピノ・ノワールは黒ブドウ品種です。単一でワインになることがほとんどです。カベルネ・ソーヴィニヨンと対照的な品種です。

 

ピノ・ノワールの果実は、果皮が薄く、出来上がるワインの色も淡いです。タンニンも柔和で軽いものが多いです。

どこで栽培されたかということが非常に重要なブドウ品種です。産地の個性を映し出す品種なのです。

 

ニャンコ
カベルネ・ソーヴィニヨンはどこで誰に育てられても個性が表現される品種、ピノ・ノワールは繊細で栽培が非常に難しい品種と言われているよ。果皮が薄いから病気になりやすいんだ。(同じく果皮の薄い)グルナッシュのように暑い場所で栽培するとピノ・ノワールの繊細な風味が消えてしまい、ジャムっぽくなってしまうしね。

 

 

ピノ・ノワールの特徴

ピノ・ノワールは冷涼から温暖の地域で造られます。涼しすぎる地域ではブドウは成熟せず、気温の高い地域では繊細な風味を失います。

 

<気候によるワインの風味>

冷涼な地域:スミレ、イチゴ、レッドチェリー、林床、キノコ、猟鳥類、香辛料

温暖な地域:ラズベリー、レッドチェリー、茶葉、猟鳥類、肉、香辛料

初歩レベルの畑では非常に軽くて、酸味が目立ち、骨格となる木樽の香りになります。しかし、優良畑では風味が強く、複雑で繊細な花のアロマからタンニンが強く香辛料の風味を持つものまで様々なものがあります。

 

最上のワインは長期熟成させることができ、林床やキノコの風味を呈するようになります。

 

ニャンコ
きれいに熟成したピノ・ノワールは本当に『妖艶』という言葉がぴったり。タイミングを間違えると振り向いてくれないかな…なんて片思いをした気分になる…。ロマンティックなワインなんだよね。

 

 

ピノ・ノワールの主な生産地のご紹介

フランス

ブルゴーニュ地方は伝統的な生産地域です。ピノ・ノワールの特性を最もよく生かされています。最も重要な栽培地域は『コート・ドール』であり、ブドウ畑、生産者、収穫年によって味わいが違います。小規模なブドウ畑それぞれのテロワールの違いを反映しており、それぞれ少量生産です。

 

ニャンコ
小規模な畑なら隣の畑と味わいは変わらないのでは?と思うかもしれないが、ブルゴーニュは違う。これが本当に面白いんだ。例えば隣ではないけど同じシャンボール・ミュジニーにある『ミュジニー』と『ボンヌ・マール』は全然違うワインができるよ。『ミュジニー』はミネラリーで気高く寄せ付けないような風味、『ボンヌ・マール』は濃密な果実さがあり、力強い風味がするんだ。

 

ブルゴーニュのワインだけで飲み比べしたら面白そうだね。
ワンコ

 

ニャンコ
そうだね、値段も結構するから複数人で集まって飲み比べすると良いよ。

 

シャンパーニュ地方はブルゴーニュ地方から北に位置する冷涼な地域です。主にモンターニュ・ド・ランス、コート・デ・バールで造られています。

シャンパーニュはブレンド(シャルドネ、ムニエと)されます。ブレンドの役割は力強さとボディを与えることです。ピノ・ノワール(ムニエも同様)単体で造られるシャンパーニュは『ブラン・ド・ノワール』と言われます。

 

ニャンコ
ニャンコはシャンパーニュも大好き。初めて美味しいと思ったシャンパーニュはピノ・ノワールが主体だったよ。今思うとボディがあってわかりやすい味わいだったからかもしれない。冬はピノ・ノワールの比率が多いシャンパーニュが飲みたくなるんだよね!夏はキリッとするシャルドネ主体のものが飲みたくなる。

 

他にもアルザス地方、ジュラ地方で造られています。

 

ドイツ

バーデンファルツで高品質なピノ・ノワールが造られます。ドイツではピノ・ノワールのことを『シュペートブルグンダー』と呼びます。フランスと同じく繊細で凝縮した風味を持つワインが造られています。

 

ファルツはフランスのアルザス地方に近いです。また、ドイツで最も乾燥した地域です(ピノ・ノワールを栽培するのに最適な場所)。

 

バーデンは温暖な地域でドイツの最南端にあります。最高の畑はカイザーシュトゥール山の南斜面にあります。高品質のシュペートブルグンダーを造るということで、高い評判を得ています。

 

オーストラリア

ほとんどの地域はピノ・ノワールにとって暑すぎる気候です。しかし、ヴィクトリア州のヤラ・ヴァレーやモーニングトン半島、タスマニア州などの冷涼から温和な畑で上質なピノ・ノワールが造られます。

 

ヤラ・ヴァレーでは高品質なテーブルワインから発泡性のワインまで造られます。イチゴ、プラム、ダークチェリーの果実風味が豊かなワインが造られています。トップワイナリーでは熟成することができるワインも造られています。

 

モーニングトン半島は小規模なブティックワイナリーがいくつもあります。涼しく雨がちで風の強い気候のため、収穫年ごとに違いがでやすいです。ここで造られるワインは軽くて繊細なものから、骨格がしっかりとしたものまで幅があります。いずれも純粋な果実の特徴があります。

 

タスマニア州は発泡性のワインが主でしたが、現在は非発泡性の高品質なワインも造られています。

 

 

ニュージーランド

ここで造られるピノ・ノワールはブルゴーニュよりフルボディで凝縮した果実味を持ったワインです。マールボロ、ワイララパにあるマーティンボロ、セントラル・オタゴでこの順番でフルボディーの上質なピノ・ノワールが造られています。

 

マールボロはミディアムボディの洗練されたタンニンとチェリー、クランベリーの風味を持つことが多いです。

 

マーティンボロは北島の南端にあります。ここではミディアムからフルボディで熟した果実の風味を持ち、ダークラムと香辛料の香りを伴います。

 

セントラル・オタゴは内陸部にあります。ニュージーランドの他の地域と違い、山麓の丘陵地帯が広がります。ここではジューシーで力強いフルボディのワインが造られます。

 

 

イタリア

イタリアでは『ピノ・ネロ』と呼ばれています。気候が冷涼な北部でよく育ちます。有名なのはトレンティーノ・アルト・アディジェ州で造られます。ここで造られるピノ・ネロはタバコ、白胡椒、クローブなどの香りがします。また、アルコールが高い傾向があります。

 

ロンバルディア州ではフランチャコルタに使用されることもあります。ブレンドされ、ワインにボディを与えています。

 

アメリカ合衆国

カリフォルニアのほとんどの地域はピノ・ノワールを造るのに暖かすぎるが、カーネロス、ソノマ郡やサンタ・バーバラ郡の中でより冷涼な地域で上質なものが造られています。また、より北のオレゴンでも非常に質の高いピノ・ノワールが造られています。

 

カリフォルニアのピノ・ノワールはフランス、ドイツに比べて風味が強く、豊かな果実味が特徴です。スタイルは畑の場所、醸造方法によって幅があります。色が淡く、猟鳥類や植物といった風味から、熟した果実と木樽からくる甘い香辛料の香りがするものまであります。

 

オレゴンのピノ・ノワールはカリフォルニアに比べ色が明るいです。そして熟した赤系果実の風味とわずかにシナモンの香りを呈します。

 

 

チリ

カサブランカ・ヴァレーとサンアントニオ・ヴァレーの比較的涼しい場所で上質なピノ・ノワールが造られています。カリフォルニアやオレゴンと似たワインが造られています。フルーツよりもスミレ、バラの花のような香りが強いものもあります。

 

 

南アフリカ

高温な気候なのであまり耐えられないですが、ケープ・サウス・コーストのウォーカー・ベイ地区では海洋の影響で涼しく、最良のピノ・ノワールが造られています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ピノ・ノワールは非発泡性のワインの場合、単一で造られることが多く、発泡性のワインはブレンドされることが多いということがわかりました。

以前は主にブルゴーニュ地方でしか造ることが難しいと言われていましたが、今は世界的に造られ、上質なワインもあります。

ピノ・ノワールは知れば知るほど興味がでて、味わうほど離れがたくなります。まさに妖艶です。

 

 

-Wine

© 2021 気ままにブログ Powered by AFFINGER5